KYOTAN BLOG

TETSUの趣味に基づいたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新井輝 『ROOM NO.1301』 シリーズ

200906231_room_no_1301
ROOM NO.1301 #11 彼女はファンタスティック! (富士見ミステリー文庫)

長編11巻と短編集4巻の計15冊で完結。(?)


新井氏の作品は、富士見ミステリー文庫で本作の前に書かれていた
DEAR』シリーズにミステリィ作品としてハマったのが最初です。

本作の1巻目を読んだ当時(何年前だ?)は、かなり衝撃的でしたね。
ミステリー文庫のターゲット年齢層がいくらなのか知りませんが、
ここまでOKなんだ?!って話です。

(ちなみに、本作はドラマCDも何枚か出されていますが、
一部の内容はホントにギリギリOKのレベルだったらしいです。)


ライトノベルとしては結構長く続いた部類だとは思われますが、
本作は本来もう少し長く、違った展開をする予定だったのかも?的な感じが
(あとがき等からも)読み取れてしまったのが、やはり少し残念ですね。

(でもまた番外編が出るとか言う話も・・・。)


余談ですが、本作最終11巻のプロローグで書かれているネタは、
昨日の記事と関係が・・・。


私的には『DEAR』シリーズの再開&完結を希望します!
スポンサーサイト

書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<UCC COFFEE EVA缶 | ホーム | きゆづきさとこ 『GA芸術科アートデザインクラス』 ~2巻>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。