KYOTAN BLOG

TETSUの趣味に基づいたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

製作日記 第9回 線路工事その2

線路工事二日目です。

一日目は、草取りなど簡単に整地した地面に、
砂利を敷くだけで、直ぐに線路が置けましたが、
この先の土地は、一日目に線路を置いた場所を上にして、
全体的に、かなりの下り勾配がついている為、
何らかの方法で、その勾配を調整する必要があります。

許容勾配が何度だったかは忘れましたが(オイ)、
水準器で見て、感覚的に極端じゃない程度にしました。


具体的には・・・

(1)相変わらず最初は草取り(一日目以上に広範囲且つ大量の草有り)
(2)草取りした後の地面に、何点かレンガを置く。
(3)レンガの上に線路を仮置きし、水平・勾配を見る。
(4)上下の勾配が緩やかになるように、レンガの(下の地面の)高さを、
   土を掘ったり盛ったりして調整する。(左右の水平も大事)
(5)レンガの調整が出来たら間に砂利を敷いて線路設置する。

・・・どこまで精確にするか?にもよりますが、
(3)と(4)の繰り返しに、かなり時間が掛かりました。

しかも、上手く調整出来てたとしても、調整した緩い地面が
雨などで直ぐに沈むのでは?との不安もありますね。


線路の下に敷く砂利も、地面と線路の間が広くなった分、
沢山必要になります。
前回と今回で、一日目に購入した計75kgを、全て使用しましたが、
この先、更に地面からの底上げが必要なので、
このペースだと砂利代もバカになりませんね・・・(次回に続く)。

(今日は写真を撮り忘れましたので、その分も次回に。)
スポンサーサイト

庭園鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<製作日記 第10回 線路工事その3 | ホーム | B.B.Q>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。