KYOTAN BLOG

TETSUの趣味に基づいたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

製作日記 第35回 完成車走行試験とプレオープン

200910311_garden
天気予報通り、朝から晴天です。絶好の庭園鉄道日和と言えるでしょう。
最初にちゃんと線路点検を行い、いよいよ走行試験開始です!

200910312_train
久しぶりなので、流石にいきなり全装備では走らせず、
トレーラ含め段階的に取り付けと走行試験を繰り返し、
最終的には完成形で左回り・右回り・無人・有人それぞれ
無事走らせることが出来ました!パチパチ。

200910313_train
前回の写真では、暗くて解り難かったかもしれないフロント部のディテールです。

200910314_train
走行試験が完璧だったかと言うと実は1点問題発覚。
本体上回りは下回り台車に乗せてあるだけで固定がされていないので、
主にカーブ走行時の遠心力と振動で、走行中に本体前側が滑ってズレてしまいました。
なので2、3周走らせるたびに手で直しながら遊ばないといけません。
これは対策を検討しましょう。

200910315_train
不具合は上記位だったので、あとは写真や動画を撮りつつ2時間ほど遊びました。
天気が良いので光と影のコントラストが良く、撮影のしがいがありましたね。

さて、不具合対策は1つ残っていますし、車両本体にもまだ手を加える余地がありますが、
一先ず、KYOTAN鉄道 万歳山線 プレオープンとしましょう!
来年の春には正式オープン出来るよう、安全性の確保と車両の改善を、
引続き推進したいと思います。

【blogramランキング投票ボタン】
スポンサーサイト
庭園鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

製作日記 第34回 組立完了

200910301_train
2月から製作開始したこの5インチ鉄道模型キットですが、
約9ヶ月掛かって遂にこんな感じになりました。

カメラのフラッシュのせいで青の色合いが明るめに見えますが、
実際はもう少し濃いブルートレイン色になってます。

200910302_front
塗装時に隠していた部分がコレです。イメージは吸気口的な何かです。
100円ショップで購入した排水溝用の網と板を黒で塗装して貼り付けました。
ただ貼っただけだと流石に不自然なので、円形にくり貫いた紙を10枚程度重ね貼りして、
厚みを合わせています。

200910303_top
上に乗っている網はホームセンタで買った揚げ物用の物です。
その網を固定している金具もホームセンタで使えそうだった物を上手く見つけました。
網そのものの機能的意味はスルーで・・・。

200910304_side
横に取り付けてある板も100円ショップで見つけたトレイで、
固定している黒い金具はホームセンタで見つけた取手です。
(この取手も青に塗装した方が自然ですかね。)
排気口的な何かのつもりですが・・・。


さてさて、明日は天気予報も晴天なので、最終走行試験に挑戦です!
庭園鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

製作日記 第33回 塗装三昧

昨日より天気は悪くなると思ってたら、朝から陽が照る良い天気!
ネットでも降水確率0%のままなので、これは「昨日ではなく今日塗るのが正解!」
との天啓と判断し、一気に塗装を進めることにしました。

200910251_paint
後ろ半分を1回塗ったところ(マスキングも塗り別けもせず単色塗り)です。
色は近所のホームセンタで入手可能だったカラースプレィからウルトラマリンを選択しました。
まだ薄く白い部分が残っていますが、ちょっとずつ重ね塗りしていきます。

200910252_paint
下回りも一度バラして、ちょっと塗り直しです。
これを塗った時は、黒色で下回りなので、下地処理も何もせずに塗りましたが、
その後、やはり木材の毛羽立ちが気になりだし、何より持ち運ぶ際の手触りが悪かったで、
表に見える部分と、裏の見えない部分も手に触れる部分は全て耐水ペーパで研摩し、
面が綺麗になった上に軽く重ね塗りをしました。

200910253_body
上記2つを塗りつつ、上回りの前半分は昨日に続き下地処理を進めます。
重ね塗り→乾燥→研摩を2回繰り返し、綺麗な灰色になりました。
これは最後にサーフェイサの1200番を使ってみましたが、
1000番との違いはよく解りませんね。


ひとつを塗ったら、それが乾く間に次の塗装の準備や研摩をし、
それを塗ったらその次を、それが終わったら最初も戻って重ね塗りして・・・てな具合に、
大物3つ+小物数点をグルグルと回りながら処理して行き、
朝から始めてここまでで大体お昼過ぎになりました。

200910254_paint
午後は上回りの前半分も塗り始め、こんな状態になりました。
下回りの黒以外は全部青いですね。
パーツ毎に塗り別けしようかとも思いましたが、それはそれで違うような気がしたので、
マクロ的な大物は単色統一しました。
まあ、多少のライン的な塗装は後でなんとか重ね塗りも出来るでしょう。(多分)

ここまで来ると、一通り塗った後は乾燥まで暫く時間が出来てしまうので、
その間は線路整備の続きをして時間を過ごしました。
連結部のネジを全て締め直し、バラストも調整完了。
数ヶ月放置してた割には(運転して無かった為か)大きな狂いは無かったですね。
(ただ一箇所どうしてもバラストが上手く調整出来ない箇所があったのですが、
手持ちのバラストも尽きたので、次回走行時に注意するとして、一時棚上げです。)


天気は幸い予報通り雨が降ることはありませんでしたが、
15時位からはずっと曇り空のままになったので、
16時に最後の吹き付けを行って塗装終了です。

いや~久しぶりに朝から夕方まで庭園鉄道作業に勤しんだ一日でした。
お陰で、この記事を書いている今、足が痛いです。
あと気を引き締めないと風邪をひきそうです、要注意!

さて、一気に塗装も進んだので、あとは組み立てれば(一先ず?)完成です。
来週は別件あって時間が出来るかどうか微妙ですが、
天気が良ければ、なんとか一度走らせたいですね。
庭園鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

製作日記 第32回 サーフェイサ その3

200910241_fruit
今日の予報は降水確率0%だったので、絶好の塗装日和!
と予定してたのですが、晴天の0%ではなく、曇りの0%でした。

やっても問題無かったかもしれませんが、迷った末、塗装は見送って、
代わりにまず、数ヶ月ぶりに庭の線路の整備(主に草取り)をしました。

上の写真は庭に生えてる木ですが、この木がこんな実をつけることを始めて知りました。
いかに今まで庭や外に関心無かったか伺えます。
何の実かは解っていませんが、この大きな実が線路の上に落ちてたのを見た時は、
何事かと驚きました。

200910242_surface
その後、塗装作業は出来なくても、下地処理なら問題ないだろうと、
上回りの前半分にサーフェイサを噴きました。
今回はグレイの1000番です。前回のホワイトより塗り具合は解りやすいですね。

前回同様、乾燥後に耐水ペーパで表面研摩して本日は終了。
あと2回位は重ね塗りが必要です。

ちなみに前方中央に変な円筒が飛び出てますが、
中央にサーフェイサが掛からないようにしているだけのガードです。
(中がどうなっているかは、また次回。)


明日も今日と似たような予報だし、来週以降は色々用事があるので、
ちょっと10月中の塗装完了は厳しくなりましたね・・・。
庭園鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小林尽 『夏のあらし!』 ~第6巻

200910232_natsunoarashi
夏のあらし! 6 (ガンガンコミックスJOKER)

先にご紹介したTVアニメ『夏のあらし!』の原作漫画の最新第6巻です。

アニメ第2期ではここまで話が進むのでしょうか?
(流石にちょっと厳しいかな。)

続きを読む
書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『夏のあらし!』 DVD 04

200910231_natsunoarashi
夏のあらし!VOL.4【初回限定版】 [DVD]

既に10月からTVアニメ第2期が始まっている『夏のあらし』第1期の
DVD最終第4巻です。

第十話~第十三話と映像特典としてTVスポット集を収録。
(注:コメンタリィは無し)

また前巻同様に初回限定版には特典CDも付いています。

続きを読む
アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

愁☆一樹 『兄妹はじめました』 全4巻

200910221_aniimouto
兄妹はじめました! (4) (まんがタイムKRコミックス)

血の繋がらない元幼馴染の兄妹と、それを取り巻く友人達の学園物語です。

友人達と書きつつ、その中には色んな青春恋愛感情が交錯してて、
一体最後は誰と誰がどうなることやら?っていうのは読んでのお楽しみ。
書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |

胡桃ちの 『ミッドナイトレストラン7to7』 ~第5巻

200910211_7to7
ミッドナイトレストラン7to7 5 (まんがタイムコミックス)

PM7時からAM7時までが営業時間のレストランバー「7to7」を舞台に、
そこで働く5人のスペシャル従業員達の物語です。

頬に十字の傷のある目つきの悪い男が表紙のセンタを飾っていますが、
彼が主人公な訳ではありません。
(第5巻なので5人中一番最後だったのです。)


以前にもご紹介した、いつもネタが豊富な胡桃ちの女史の作品ですが、
本作では主に料理、スイーツ、カクテルなどがメインです。
フィクションだから出来ることとは承知の上ですが、
こんな店が近くにあったら、絶対常連になるでしょう。
書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |

福本伸行 『アカギ』 第23巻

200910201_akagi
アカギ (23) (近代麻雀コミックス)

鷲巣麻雀終盤戦と言いつつ、まだまだ終わりませんね。

この巻では自分の生死がかかった1打の捨て牌を決めるに至る
鷲巣様の壮絶なる思考描写が福本節全開で素晴らしかったです。

続きを読む
書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |

T's system 霧雨魔理沙フィギュア(プチまりさ)

200910191_marisa
先日、自室の掃除のついでに組み立てたのがコレです。

東方Projectの霧雨魔理沙をT's systemさんがディフォルメ立体化された
可動式PVCフォギュアです。

腕と脚の付け根がジョイントボールで動かせます。

大きさは『ねんどろいど』シリーズと同じか少し小さい感じです。

200910192_marisa
同じT's systemさんが出されている1/6霧雨魔理沙と並べるとこんな感じ。

続きを読む
ホビィ | コメント:0 | トラックバック:0 |

製作日記 第31回 サーフェイサ その2

200910181_surfacer
各種サーフェイサを買って来ました。

どれがどういう特性なのかは、これから使ってみないと解りませんが、
簡単に言えば、白色か灰色か、粗いか細かいか、の違いだけでしょう。


さて、サーフェイサは充分確保できましたし、今日は予報通り朝から天気も良いので、
前回塗った上回り本体の後ろ半分に重ね塗りをしていきました。
(ちなみに使用したのは上の写真の左から2番目の物)

200910182_body
乾燥と研摩を2回繰り返して下地処理は終了。
その後、前回側面に加工した穴に平リベットを埋め込んでいきました。
(リベットの配置には、工学的意味をあまり考えていませんので、ご容赦下さい。)
後ろ半分はこれで次に塗装が出来る状態になりましたね。

残りの前半分も、密かに装飾用の穴とか色々細工が進んでいますが、
こちらはまた次回に。(なんとか10月中に全部の塗装を終わらせたいです。)
庭園鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

通常復帰とカラオケなど

10月前半終了!
良くも悪くも色々ありましたが、バッサリ省略。
と言うか、悪い記憶は良い記憶で早く上書き消去したい今日この頃。

何はともあれ、漸く通常モードに復帰出来そうです。

リハビリがてら日記っぽい記事でも書きましょう。


今日は午前中から2時間半ほどカラオケでストレス解消。
午前からでしたが、喉の調子が良く、気持ちよく声が出ました。

『化物語』OPとC/Wの『CENCOROLL』OPは共にテクニカルで歌い甲斐がある曲でした。

化物語関連で、戦場ヶ原ひたぎこと斎藤千和嬢が歌う
ひたぎクラブ OP『staple stable』も配信されていたので早速歌ってみましたが、
歌うに連れて、ひたぎの乙女度がどんどん溢れてくる曲ですね。
斎藤嬢はかなり頑張ったのではないでしょうか。ひたぎ蕩れ!

『けいおん!』の律&紬&梓の3曲も配信されていましたが、
唯&澪ほど聞き込んでいなかったので要練習です。


午後は天気予報では雨が降るみたいだったので、工作(塗装作業)はせずに自室の掃除。
(でも結果的に雨は降らなかったので、損した感じです。)
相変わらず未消化の漫画・小説・CD・DVDが溜まっています。(贅沢な悩みですが。)
なんとか消化出来た物から、またご紹介したいとは思います。

あと、工作はしませんでしたが、8月に某所で購入して以降、
未組立のまま放置していた模型が1つあったので、掃除のついでに組立。
簡単に組めるかと思ったら(手際の悪さもありますが)結構苦戦しつつ完成。
これは後日また記事を書きます。


明日は1日晴れそうなので、工作の続きをする予定。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

絶望歌謡大全集2

200910041_zetsuboukayou2
懺・さよなら絶望先生 キャラクターソングアルバム 絶望歌謡大全集2

TVアニメ 『懺・さよなら絶望先生』に登場する絶望少女達のキャラソンアルバムです。

全11曲収録で作詞は全て只野菜摘さんです。

基本コンセプトは前作↓と同じですが・・・ジャケット表紙を見ての通り!
200910042_zetsuboukayou1
さよなら絶望先生 キャラクターソングアルバム 絶望歌謡大全集

続きを読む
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

製作日記 第30回 サーフェイサ

200910031_body
上回りの後ろ半分です。
主要部分に紙を貼り終わった後、側面にいくつか穴加工しました。
後程、装飾に使用します。

さて、紙貼りや装飾をこれ以上追加しようかどうか迷いましたが、
凝り過ぎても先に進み難いだけですし、天気も予報外に良かったので、
勢いで塗装前のサーフェイサによる表面処理をすることにしました。

200910032_surface
ホワイトカラーのサーフェイサを吹き付けたところ。
写真では解り難いかもしれませんが、普通に塗っただけでは、
塗りムラが結構あったり、穴加工した周囲が毛羽立ったりしてます。

なので、乾燥後に耐水性ペーパで表面を研摩して、
その上にサーフェイサを重ね塗りをする作業を繰り返します。

しかしながら、今回1回塗っただけでサーフェイサが1本無くなりました。(早!)
効率良く塗れてないこともありますが、予想以上の消費量です。

サーフェイサはお試しで2本しか準備していなかったので、これでは全然足りませんね。
追加で買ってこないといけませんが、これって近所には売っていないので、暫くお預けです。


200910033_rails
ちなみに庭の線路は、ここ数ヶ月ノーメンテだったので、雑草が良く繁殖してます。
庭園鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。